TOP > ハンモックに抱かれよう!




ハンモックに抱かれよう!


ハンモックの気持ちよさを知っていますか?


日本ではまだハンモックは一般的ではありませんが、南米や南欧では広く使われています。
その理由はやはり“快適性”です。
通気性が良く心地よい揺れが身体と精神をリラックスさせてくれ安眠できるのです。
よく見かける網々の隙間だらけのハンモックはあまり気持ちよくありません。
しっかりと織られた幅が広く包み込まれるようなハンモックが快適です。
そう、まさに抱かれるような気持ちよさです。


ただし、より快適に過ごすためには少し条件があります。


まずは、設置する場所。
やはり気持ちいいのは涼しい高原などで風が吹き抜けていくような場所。
ハワイのような気候なら海辺の木陰でも気持ちいいでしょうね。


そして、正しく設置する。
快適にするにはしっかりした柱や木に頑固に固定する必要があります。
ゆらゆらと動いたりロープが外れないか不安だったりするとリラックス出来ないですよね。
最近では少し場所をとりますが自立式のハンモックもあります。
設置する高さも大切で、高過ぎても低すぎても気持ちよくありません。


最後は、正しく乗る。
ハンモックには二通りの乗り方があります。


1つ目はハンモックに直角に座ってブランコの様に乗る。
これだと景色楽しみながらコーヒーを飲んだりも出来ますね。
二人で一緒に乗るのも楽しいですね。
安心して下さい。ほとんどのハンモックは二人で乗るだけの耐久性を備えています。
また、最初から座って楽しむハンモックチェアというタイプもあります。


寝て楽しむ場合は斜めに乗ります。
ハンモックに対して平行に乗ってしまうと体が海老の様に曲がってしまいます。
斜めに乗ることで体は真っ直ぐになりちょうどハンモックが顔の辺りを覆ってくれるので安心して休めます。


ハンモックは通販サイトで様々なタイプが売られています。
遊び方や設置場所などを考えて自分に合ったハンモックを見つけてみて下さい♪


ゆがふのログハウスにもハンモックが吊るしてあります。


MO・LURANにはドッグランに吊るせるスタンダードなハンモック。
YOU×2にも庭の栗の木に吊るすスタンダードなタイプ。
Adagioにはウッドデッキにハンモックチェア。
Noahには屋根付きの広いデッキにスタンダードなタイプ。
Mame’sには2階のデッキに自立式の2人用のハンモック。



MO・LURAN
スタンダードタイプ(ドッグラン内)

YOU×2
スタンダードタイプ(ログハウス前)

Adagio
ハンモックチェア(1階デッキ)

Noah
スタンダードタイプ(1階デッキ)

Mame's
自立式ハンモック(2階デッキ)

Roti
スタンダードタイプ(ドッグラン内)


春から秋まではいつでも自由に使えますので宿泊されたら是非体験してみて下さい。
小さなお子さんには必ず付き添いをしてあげて下さいね。
明野高原の風に吹かれてハンモックに抱かれて下さい♪